全国黒板工業連盟 www.kokuban.or.jp
黒板・白板の取り扱い
 ▼ ほうろう白板面の取扱説明書
【日常のお手入れ方法】
1.ボード面は“ホーロー”です。定期的に“水ぶき”をして下さい。
 ●特に、光沢度の低い製品はマーカーが消しにくくなりますが、水ぶきで解消します。
 ●但し、水拭きの際に“洗剤”(酸性・アルカリ性・中性を問わず)は使用しないで下さい。
2.常にイレーザーや粉受部に付いたマーカーの粉を取り除き、清潔に保って下さい。
3.かすれたマーカーは、消えにくくなりますので、早めに新品と交換して下さい。
4.イレーザーは水洗いできますが、マーカー粉の付着が著しい物は早めに新品と交換して下さい。
【主な禁止事項と注意事項】
1.ボード面に強い衝撃を与えないで下さい。
 ●ボード面にホーロー剥離・割れ・折れ・凹み等が発生すると復元できません。
2.ボード面に傷をつけないで下さい。
 ●画鋲・釘・ビン・カッター等を使用しないで下さい。強力な磁石も要注意です。
3.ボード面になるべく手を触れないようにして下さい。
 ●手の油分が付着すると、書き消しがしにくくなる場合があります。
4.ボード面に異物が付着しないようにして下さい。
 ●セロテープ・両面テープ等の粘着材、飲食物が付くと復元できない場合があります。
5.ホワイトボード用マーカー以外の筆記具は使用できません。
 ●ホワイトボード用以外のマーカー、マジック・サインペン・クレヨン等は使用できません。
6.ボード面とマーカーには相性があります。
 ●マーカーのメーカー・種類・品質・製造方法等により消しにくい場合があります。
 ▼ 黒板面の取扱説明書
【新しい黒板の使い方】
新しい黒板の黒板面は、チョークとなじませることが必要です。
(チョークと馴染んでいない黒板面は、チョークの文字が消えにくく残ることがあります)
1.白色のチョークを横に寝かせて、黒板面にチョークの粉をこすり付けて下さい。
2.黒板消しで黒板面全体を一様に拭いて、チョークの粉を落として下さい。
3.更に一度「水拭き」をして頂くと、滑らかになり易くなります。(研出し黒板は除く)
 ●水拭きの要領は、下記の「日常のお手入れ方法」を参照して下さい。
【日常のお手入れ方法】
1.常に黒板消しと粉受部に付いたチョークの粉を取り除き、清潔に保って下さい。
2.黒板面全体をきれいな黒板消しで拭いてチョークの粉を落として下さい。
3.固く絞ったきれいな濡れ布で黒板面を水拭きして下さい。
4.乾いたきれいで柔らかな布で黒板面の水分を拭き取って下さい。
 ●研ぎ出し黒板は、水拭きしないで下さい。
 ●水拭きの際、洗剤(酸性・アルカリ性・中性を問わず)を使用しないで下さい。
【主な禁止事項と注意事項】
1.黒板面に強い衝撃を与えないで下さい。
 ●黒板面に塗装剥がれ・折れ・凹み等が発生すると復元できません。
2.黒板面に傷をつけないで下さい。
 ●画鋲・釘・ビン・カッタ−・「破れた黒板消し」等を使用しないで下さい。
3.黒板面に手を触れないで下さい。
 ●手の油分を付着させないで下さい。触れた場合は板面をすぐ水拭きして下さい。
4.黒板面に異物が付着しないようにして下さい。

 【例】●セロテープ・両面テープ等の粘着材 ●濡れたチョーク ●濡れた黒板消し

5.チョーク以外の筆記具は使用できません。
 【例】●ホワイトボード用マーカー・マジック・サインペン・ボールペン・クレヨン・色鉛筆
6.黒板面とチョークとは相性があります。
 ●チョークのメーカー・種類・品質・製造方法等により消去しにくい場合があります。
 ※詳しくは、営業担当者又は鋼板メーカー担当者にお問い合わせ下さい。
copyright(c) 2012 Japan Chalkboard Industry Association All Rights Reserved.