全国黒板工業連盟 www.kokuban.or.jp
黒板と環境ー黒板から放散する化学物質の室内濃度測定試験に関する事業ー
黒板は”シックスクール”の原因になりません。
野崎研究室の大型チャンバー
野崎研究室の大型チャンバー(山中氏提供)
新築や内装工事を行なった教室で“シックスクール”になる事例が発生しました。 そこで、文部科学省は「学校環境衛生の基準」(2009年3月改訂4月実施)により、 定期的に“教室内の化学物質濃度(6種)を測定すること”を義務付けました。 そこで、当連盟は原材料にF☆☆☆☆を使用すると共に、東北文化学園大学 大学院の野崎淳夫教授研究室に依頼し、日本に数少ない大型チャンバーを用いて “黒板から放散する化学物質”を測定しました。
厚生労働省が指針値を示している13物質(学校環境衛生の基準に指定されている6物質を含む)に加えて、全29物質の放散の有無を 測定した結果、4物質のみ僅かな量を検出、25物質(厚生労働省が指針値を示している13物質を含む)は検出されませんでした。 私達の「黒板を安心してお使い頂きたい!」との想いを実証することができました。
詳しくはこちらから VOC規定(PDF)
copyright(c) 2012 Japan Chalkboard Industry Association All Rights Reserved.